防火設備検査について

防火設備検査は、2016年6月から建築基準法が改正されたことによって新設された新しい検査です。特定建築物(特殊建築物)として指定された公共性の高い建築物の防火設備に重点をおいた検査です。 定期的に検査資格者にその対象防火設備の閉鎖又は作動について検査させその結果を監督官庁に報告しなければならないことになっています。

防火設備定期検査に必要な資格

防火設備検査員(防火設備の実務経験者)

一級建築士

二級建築士

防火設備定期検査は資格を有する検査員が検査を行い、特定行政庁に定期報告を行います。
検査を行うには上記のいずれかの資格が必要になります。

広島東報工事ではこれら全ての資格を取得しています。

防火設備定期検査の主な内容

お問い合わせの流れ